女性にとって大事な7つのポイントとは?

基本的に女性と男性とではそれほど塗り込む箇所に違いはありません。 ただ個人差があるのと男性・女性特有の違いがあります。自分にとって一番気になる箇所を的確に把握してそこを重点的に攻めることが重要です。 自分の弱点を見つけましょう。


おでこやTゾーンなどはとても注意すべき箇所となります。(Tゾーンというのは額から鼻・顎の先を繋いだT字形の区域を言います) 顔の中ではもっとも汗をかきやすいところです。 メークの前に塗ることをお勧めします。目や口の周りは避けたほうがいいでしょう。

わき
文句なしにここが一番気をつけなければならない箇所ですね。ここにはアポクリン汗腺が密集しています。ワキガの発生源としてダントツの地位を占めていることは間違いありません。 ここの対処を怠ることはできません。 入念に塗り込みましょう。

乳首

なんとなく胸のあたりからくさいニオイガするという方は乳首にアポクリン汗腺が多い可能性があります。 人によって程度の差は当然ありますが、人と接する距離が近い場所なので要注意です。 一度塗ってみてはどうでしょうか。違いが分かるかもしれません。

おへその周り
おへそはシャワーなどの時もなかなか入念に洗えない箇所と言えます。 雑菌も溜まりやすいポイントなのです。 ぜひおへその周りも塗ってみてください。

手のひら
緊張すると手に汗をかく女性をよく見かけます。 手のひらは見過ごしてしまいやすい箇所ですが、ほっておくと知らず知らずのうちに嫌なニオイが発生してしまいます。

デリケートゾーン
ここは女性にとってもっとも大事な部分と言っていいかもしれません。 デリケートゾーンからの異臭が原因で性生活に決定的な影響が出てしまったという話はよく聞きます。これが原因で異性との付き合いや結婚に取り返しのつかない結果をもたらすかもしれません。 粘膜部分だけは避けて入念に塗り込みましょう。


ワキガと同様のレベルで凄まじい悪臭を発する箇所といえば足でしょう。適度な湿気と温度が密閉性のある靴の中には存在します。細菌にとっては最高の環境です。靴を脱がなくてはいけないシチュエーションでは恐怖の連続となるでしょう。他人の目線が気になって食事どころではないですね。楽しいはずの時間が悪夢に変わってしまいます。 指の間や爪のあたりを重点的に塗り込むようにしてください。

塗り込む時に大事なことは、塗り込む箇所ができるだけ乾いているべきだということです。 生活の中でシャワーを多用しましょう。そういう生活スタイルに変えるべきです。できればクリアネオのボディソープを使って溜まった汗を洗い流し、体が乾いた後にクリアネオを塗り込むべきです。 シャワーは5分で十分です。 5分であなたの人生が変わるかもしれません。
外出先であればティシューで十分乾燥させてから塗るだけでも効き方にかなりの違いがあります。

人の発汗レベルは個人差がありますが、できるだけ乾燥させてから使用しましょう。 単純なことですが大事なポイントです。 夏の一番暑い時期などは私の経験から朝のシャワーはやめたほうがいいと思います。外が30度以上だと体が火照っている状態で外に出るとそれだけで大量の汗が出てしまいます。これでは効果は半減ですね。 クリアネオは制汗作用はありますが、できるだけ汗をかかない工夫はした方がいいでしょう。